Story

石井要美STORY

リング
リング

生き方の選択肢を
広げる要になる

解決点を見いだす

EPISODE
1

リング
リング
リング
リング
リング
リング
リング
リング

願いは広がる。努力は続く。
叶うとは限らなくても

願いは広がる。努力は続く。叶うとは限らなくても
  • 子どもには、可能性が広がっている

    両親二人で美容室を営む家庭に生まれた私。母は仕事熱心で、時にさみしさを感じましたが、休日には父が兄と私を頻繁にアウトドアへと連れ出してくれたため、のびのびとした子ども時代を過ごしました。子どもの頃の夢は、美容師になること。人形の髪をカットしたりセットしてよく遊んでいました。
    私は様々な道を経て、そしてその時々に最善の選択をし、現在は社労士として活動しています。そんな私が感じることは、誰にでも幅広い可能性があり、数多くの道が広がっているということ。だからこそ、誰もが自分の意志で道を切り拓いていけるような社会を願っているのです。

  • 願いは広がる。努力は続く。
    叶うとは限らなくても

    どんな人生を歩んでいきたいか。想いや願いが広がる一方で、人生はいつも順風満帆とは限りません。もちろん私の人生もそうでした。中学生になった私は、環境等の変化によって意欲を失い、成績も転落。異変に気付いた父が、面倒見のよい元中学校教諭だったお客さん(以下おじいちゃん先生) に相談し、私の世話役を引き受けてもらうことになりました。中学から帰ると毎日、おじいちゃん先生の家へと通い、書斎のちゃぶ台で、向かい合って勉強する日々。「君には理数系の才能がある」と励まし、辛抱強く勉強を見てくれたため、私は徐々に自信を取り戻し、成績も上位となりました。それでも高校受験の際には、進学校を希望する私に難色を示す先生もいたのです。

  • でも要を見つけ続ける

    進路に反対の声もある中で、おじいちゃん先生は最後まで私を信じて勇気づけてくれました。その支えのおかげで、私はあきらめることなく努力を続け、志望校への進学を叶えたのです。私の名前は「要美」。父がつけてくれたこの名は、中心である、扇の要を表しています。たとえ困難なことがあっても、願いをあきらめずにいれば、必ず解決点となる「要」が見つかる。扇のように、「要」を起点にして人生は広がっていく。初めて自分の意志を叶えた私は、あきらめない大切さ、要は必ず見つかるんだという希望を知ったのです。

EPISODE
2

リング
リング
リング
リング
リング
リング
リング
リング

願いの要

願いの要
  • 理系の道へ

    おじいちゃん先生のおかげで理数が得意となった私。高校では理系の道を志し、獣医になることが夢でした。しかしここでも 、私は壁にぶち当たります。獣医学科は非常に狭き門であり、努力してはいたものの、夢は叶わないかもしれないと、進路に悩みました。そんな私を見かねた、現役の理系大学院生であった家庭教師が案内してくれたのが、その方の研究室。初めての研究室はとても新鮮で、私の視野はぐっと広がりました。そして、幅広く学ぶ中で、自分の進路を探っていこうと、東京農業大学へ進学を決めたのでした。

  • 願えば、頑張れば、要は見つけられる

    大学では遺伝子工学に興味を持ち、熱心に勉強していました。しかし、またしても私の想定と異なる道に進むことになります。希望していた研究室には配属されず、やりたい研究の道が閉ざされてしまったのです。それでも、まずは与えられた道を全うしようと、気持ちを切り替えて研究に励み、大学院進学を決意しました。その一方で、奨学金をもらっていた私は学費や生活費の負担を考えていました。
    遺伝子研究の道を再び模索する中、友人の父である大学教授からの助言により、静岡大学大学院農学研究科へ進学することに決めました。

  • キャリアと人生

    寝る間も惜しんで研究に明け暮れた大学院時代。その中で知識と技術を生かしてプレゼンするような仕事に就こうと思い至り、理化学機器メーカーへと入社します。最初の配属先は第一希望の技術営業職ではなく、一般の営業職。男社会の中、体力的にも厳しい日々が続きます。しかし、幸運にも2年目には技術営業職へ異動。毎週のように出張し、全国を飛び回りました。大変だけれど、やりがいのある充実した仕事。それでも多忙すぎる日々に、いつまでもこの生活を続けられるのだろうかと、自問自答するようなっていきました。「長期的なキャリアやライフプランを実現したい」そして、10年間の理系人生に一区切りをつけ、新しい道を模索したのでした。

EPISODE
3

リング
リング
リング
リング
リング
リング
リング
リング

解決点を見いだす

解決点を見いだす
  • 人生に関わる仕事を

    人生はライフイベントにより、目まぐるしく変化していきます。その中で、「どう生きるのか」を真剣に考えていました。視野を広げて職業を探す中、目に留まったのがファイナンシャルプランナーの求人です。知識も経験もありませんでしたが、ファイナンシャルプランニングは自分自身の人生設計においても役に立つだろうと思い、転職を決意。新たな分野を一から学ぶことになりましたが、理数的な思考が活かされることも多く、活躍の場を得ることができました。基礎から学んだFPも1級まで取得。さらにステップアップとして社労士資格も取得しました。

  • 障害年金に関わって

    社労士資格を活かすため、転職した社労士法人は、障害年金を取り扱っており、全国でもトップクラスの相談件数に対応していました。そこでは、私の土台となる論理的思考と営業で培った対応力が大いに役立ち、スピーディーかつ的確に手続きを進めることができるようになりました。それと同時に、私は依頼者さまの大変さを目の当たりにします。受給が決まったとしても、いつまで継続されるのかという不安。働きたい気持ちと病状の狭間で悩み続ける実態…。それを心配するご家族…。必要なことは障害年金の受給までに留まらないことを痛感。障害年金の受給はゴールではなく、そこがスタートであり、その先の未来を拓くべき真の使命と出会ったのです。

  • 生き方の選択肢を提示する

    障害年金請求手続きや、その先の人生設計には、豊かな想像性と柔軟な発想力が大切だと感じています。何よりも、その実現には福祉・医療・地域、そしてその他の専門家との連携も必須です。私自身もそうであったように、誰しもひとりでは生きられず、数多くの人々の支え中で生きているもの。障がいの有無に関わらず、多くの人が、自分の道を自分の意志で切り拓いていける社会をみんなで創っていく。それが私の考える真のダイバーシティ社会です。不器用で遠回りのような人生にもがきながらも、今の使命へと辿り着いた私。一見困難な障壁も、未来を拓く選択肢は必ずある。私はそれを依頼者さまに伝え続けていきたいのです。

EPILOGUE

リング
リング
リング
リング

生き方の選択肢を広げる要になる

生き方の選択肢を広げる要になる
  • 願えば、行動すれば、きっと見つかる

    あきらめなければ、 必ず解決点となる”要”が見つかる。幾度となく、私が人生で経験してきたことです。要を起点に、扇が広がっていくようにー。依頼者さまの心の中にある想いや願いに耳を傾け、選択肢を広げていく。そして、この活動が社会全体へと大きく広がっていくことを祈っています。依頼者さまの、そして社会の「願いの要」となれるよう、私はこれからも多くの方々と協力体制を築きながら、前進していきます。願えば、行動すれば、きっと道は見つかると信じて。

PAGETOP